記憶術勉強法【大学受験・資格試験@逆転合格の極意】 » 記憶術 » 川村明宏のジニアス記憶術

川村明宏のジニアス記憶術


ジニアス記憶術は、任天堂のDS・3DSのゲーム「右脳で鍛える」を監修している川村明宏さんによる記憶術です。インフォトップでは記憶法販売数の第一位を獲得しているんですよ。
ジニアス記憶術では、1日7分あるゲームを行うだけで、記憶力を数十倍にあげることが可能です。しかもゲームの方法は簡単なんです。この方法によって、なんと全世界の120万人以上もの人が司法試験に合格したり、難関大学に受かることができたり、TOEICで900点以上を取ったりしているんだそうですよ。
川村明宏さんは、これまでに30年以上も能力開発の研究等を行っています。任天堂のゲーム開発以外に、記憶に関する本を出版しているんですよ。
世の中には、記憶力の良い人と悪い人がいるものです。記憶力が悪い人の中には、自分は生まれつき記憶力が人より弱いんだ、と思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。しかし、記憶力には「生まれつき」というものはないんだそうです。さらに、能力や年齢といったことも関係ないのだとか。川村明宏さんの提唱する方法で、多くの人の記憶力が向上しているのがその証拠です。
記憶力が悪い人は、実は脳の使い方を間違えているだけなのです。勉強をするには、ただ集中すれば良いというものではありません。右脳と左脳を、同時にうまく使ってあげないといけないのだとか。そうすることで、ひたすらノートに同じ文字を書き綴って暗記したり、睡眠時間を削って勉強することもなくなるでしょう。
ジニアス記憶術は127ページで1万9800円、全額返金保証もついていますよ。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー